BULLDOGのおもちゃ箱

HERO モンスター ROBOT 怪獣 そして、BULLDOG!       さくらオヤジの好きなモノを集めてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SAKURA-Oyaji in Wonderland

今回ご紹介するのは、
つい先日我が家に仲間入りしたばかりのチェシャ猫です。

ディズニー映画不思議の国のアリスに登場する、
いーかげんなことばかり言ってるのに、なぜか憎めない不思議なヤツ。
数あるディズニーキャラの中でも、オヤジのお気に入りのひとつです。

サプライズ(チシャネコ) box close

このフィギュアは、L.A.の人気アパレルショップSPAN OF SUNSET
とDisneyがコラボした、ペイントバリエーション型のデザイナーズTOY。
つまり、チェシャ猫フィギュアをキャンバスにして、
いろんな人が、いろんな色やデザインのチェシャ猫を作り出すわけですね。

ただし、どれも数百体の限定なので、定価$100と高額にもかかわらず、
すぐに完売・絶版になっちゃう、世界中で人気のフィギュアなんだそうです。

しかし、ライセンスの関係で、残念ながら日本では未発売、
もちろん舞浜に行っても買えない、非常に入手困難な超レア物
しかも、この目玉ぐるぐるver.は初期デザインなので、
今となっては、定価での購入は不可能と言えるほどのプレミアアイテム

そんなモノを、オヤジがなぜ持っているのかというと…
いつもお邪魔しているTOY SHOPのINSTINCTOYさんのプレゼント企画で、
見事当選したのです つまり、プレミア価格どころか、タダ

人生、たまにはいいことがあるもんです。
INSTINCTOYさん、本当にありがとうございました

ダンス(チシャネコ)

それでは、ラッキーな招き猫のご紹介です。
まずは、パッケージ。これにもチェシャ猫らしいしかけがあります。
box open

箱を閉めると目が閉じ、箱を空けると目が開くようになっていて、
ちゃ~んと歯まで描いてあります。

しっかりとした造型と塗装で、
どこから見ても、チェシャ猫の魅力をうまく表現しています。
しっぽもやわらかそうで、かわいいですね。
tail


裏側も手抜きなし。
tail

足のところにSPAN OF SUNSETとDISNEYのダブルネームが
刻印されています。見えるかな~

このチェシャ猫のチャームポイントは、コレ。

登場(チシャネコ) dark
 
目と口が、暗闇でボ~ッと光るのです。いかにもチェシャ猫らしいでしょ。
世界中で人気なのもうなずけますね。


続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

かわいい悪魔

再び登場のグレムリンです。

前回の大モノとは違い、ソフトビニール製で、
大きさ(高さ約50cm)の割には軽めです。
腕が動くので、少しはポーズを変えることができます。

gre


コレは、TOYショップBANDITの1000体限定で、
映画のポスターに描かれた、緑色のグレムリンをイメージしたモノです。
このほか、劇中の茶色のモノや強盗コスプレ、モノクロバージョンも
あるので、ずらっと並べたらおもしろそうですね。


でも、コレのご自慢は、耳にあります。

gre face


主人公ビリー役のザック・ギャリガン
サイン入りなのです。

残念ながら、仕事でサイン会には行かれなかったのですが、
何とかGETすることができました。
サイン入り限定Tシャツも付いてますが、どうやって着せるんだろう…?


このグレムりン、本物(?)より少し小さめなのですが、
プラッシュドールのギズモとちょうどよい大きさです。

gizmo


今回は、限定Tシャツをギズモに着せてみました。

ギズモは、もうキャラクターとして定着した感じがありますね。
このギズモも、劇中のかわいらしさをうまく再現してあって、
グレムリンファンなら、マストアイテムでしょう。

ギズモにも、天使やサンタなど、コスプレしているものがあります。
また、ライバルのモホークのプラッシュドールもあって、こちらには、悪魔バージョンがあります。
ギズモとモホーク、ペアで並べるとかわいさ倍増でしょうね。


キャラクターグッズはあるのに、肝心の映画は新作がありません…。
ぜひ、CGでギズモやグレムリンを復活させて欲しいものです。





続きを読む

PageTop

なんて醜い顔なんだ!

映画界で、ALIENのライバルと言えば、PREDETOR
ハンターのような独特の文化を持つ宇宙人。
しばしば地球へ来て遊んでるようです。

1作めでは、シュワちゃんを苦しませる、正体不明の怖いヤツ。
2作めでは、ベテラン刑事相手に殺されてしまう、かわいそうなヤツ。
そして、3作めと言える「ALIEN vs PREDETOR」では、
晴れてヒーローになれました。メデタシ、メデタシ。

でも、オヤジとしては、1・2作めの野生的なPREDETORの方が好みかな。

AVP1


さて、3作目「AVP」にヒーローとして登場する、
このSCAR PREDETORは、前に紹介したALIENと同じ、
HOT TOYSというメーカーの「ムービーマスターピース」シリーズ。
最近、このメーカーはガンバリ過ぎ。次々と新製品を出して、そのどれもデキがいい。
TOY好きには、困ったメーカーです

AVP2


このスカー・プレデターも例にもれず、すばらしいデキです
ショルダーキャノンや左腕の自爆装置付きガントレットも可動、
右腕のリストブレードやヤリもちゃんと伸縮します。
ナイフや手裏剣(レイザーディスク)、骨のネックレスなど、
プレデターには不可欠なアクセサリーも豊富に付いています。

AVP3


ただ、ドレッド・ヘアーのせいか、頭がちょっと大きいような気がします。
また、全身を覆うネットが伸縮しないので、組み立てるのが大変なうえ、
手足が動きにくくなって、うまくポーズがつけられません

それと、「醜い顔」の口は動きません。残念! 
だから、オヤジはマスクをつけて飾ってます。


AVP4


もっとも、これ以上にデキがいいエイリアンやプレデターのTOYが、
次々出るとは考えられないので、当分買わなくて済みそうですね。


えっ 「ALIEN2」のALIEN WORRIORも出るって
マジかよ…



続きを読む

PageTop

何となくクリスタル

かつてのフィギュアブームの時には、
クリアーにすれば価値が上がるっていう風潮がありました。

でも、せっかくのディテールもわからなくなっちゃうし、
オリジナルに合わせたカラーじゃないと、イメージが変わっちゃうし…

だから,オヤジはあまり手を出しませんでした。
ところが…。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。