BULLDOGのおもちゃ箱

HERO モンスター ROBOT 怪獣 そして、BULLDOG!       さくらオヤジの好きなモノを集めてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

造形+可動=?

特撮タイトル

前回も書いたけど、まともな(?)ゴジラフィギュアは、あまり持ってない。
もちろん欲しくない訳じゃないだけど、コレ!といったのがないんだよね。

怪獣TOYの代表と言えば、ソフビガレージキット
今も売られてるソフビは、手ごろなサイズと値段で、多少動くけど、あんまりリアルじゃない。
レトロな造形がオモシロいので、ちょっと集めてた時期もありました。
ガレキは、外見はいいけど、デカいし、値段は高いし、作るのは大変だし、動かない。
大昔に買ったキンゴジのガレキも、未完成のまま押入れに眠ってます…。

そんなこんなで、最近はほとんど買ってなかったりするのだ(>_<)
造型と可動を両立して、コレクションもしやすい怪獣TOYはないのか!?
それが、怪獣ファンの長年の夢!だと思うんだけどなぁ…。

つーことで、今回は、バンダイS.H.MonsterArtsの第1弾ゴジラをご紹介!

G-face735.jpg

ゴジラ vs スペースゴジラに登場した、通称モゲゴジです!
「vs ビオランテ」からマイナーチェンジをくり返し、5代めの平成版ゴジラ
まさに究極のゴジラと言ってもいいかもしれません。

 SHM G  SHM G (1)  SHM G (2)

まずはパッケージ。なんつーか、イタってフツーですねぇ。 
どーせこんなの買うのは大人だけなんだから、思い切ったデザインにすればいいのに…。
そして、ドキドキしながら中身を取り出してみると…。
大き過ぎず、小さ過ぎず、適度な重さもあって、なかなかいい感じ(^^♪
原型は、ゴジラを作らせたら日本一!酒井ゆうじさんなので、文句ないよね!
でも、目玉や背ビレは、クリアー素材にしてほしかったな。 特に目玉の塗装は要注意(-_-メ)!

 SHM G (3)  SHM G (4)  SHM G (5)

実際に動かしてみると、パーツ数は多いのに、期待したほど可動範囲は大きくない。
ド派手なポーズは必要ないけど、肩や股関節はもう少し動かせませんかねぇ(--;)
首が上を向いて水中潜行姿勢をとれるらしいけど、その姿勢じゃディスプレイできないじゃん!
反対に下を向くと、首に隙間ができちゃって、非常に気になるなぁ。
でも、チャームポイントの長~い尻尾は、それらしくウネウネしてくれます(*^-^)b

 SHM G (6)  SHM G (7)  SHM G (8)

初回限定特典として、放射能熱線エフェクトパーツが同梱。
他にオプションパーツが全くないんだから、これくらいのモノは、フツーに付けてよぉ。
ついでに、メーサー戦車の1台も付いてればよかったのに。

 SHM G (9)  SHM G (10)  SHM G (11)

アクションフィギュアとしては、ちょっと残念な部分もあるけど、
今まで、ありそうで、ほとんどなかった怪獣TOYとしては、いいデキだと思います。
机の片隅やパソコンの隣に気軽に飾っておくには、十分じゃないかな(^o^)

第2弾はメカゴジラ(1993年ver.)、第3弾はスペースゴジラだそうです。
メカゴジラはあんまり好きじゃないけど、限定販売のガルーダは好きなんだよねぇ(^^ゞ
どーか安っぽくなりませんように…( ゚ -゚)m
スペゴジも、あの凶悪な顔つきが好きだなぁ。
結晶体をたくさん並べたいなぁ。ミニサイズの飛行形態スペゴジも欲しいね(^^)
すると、第4弾はMOGERAかな? 差し替えでもいいから、合体変形ヨロシク!

いずれにしても、大きなお友達にとっては、楽しみなS.H.MonsterArtsです。
ほんぢゃね~。





えっ? キングギドラも出るの!?(|||ノ`□´)ノ

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。